風対策に関するお願い

風により足場が揺れて既設建物を破損させた場合の補償は出来ません。保険も適用外になります。

仮設足場工事は足場資材のレンタル及び組立、解体工事を請負うものです。足場を組立た状態でお客様にレンタル足場として貸出しいたします。

その為、レンタル期間中はお客様の管理となります。レンタル期間中に強風など足場が揺れて既設建物を破損しないようにお客様に風対策をとってもらう必要があります。

まず足場組立後に筋交いは四面入っているか火打ちは最上段のコーナー(基本四本)とってあるか確認してください。そして壁当てが各面2スパン3層毎に入っているか確認してください。

これが出来ている場合は足場としてしっかりと組立が出来ています。

お客様の足場の使用方法ですが壁当ては浮かしたら元に戻して壁に当てた状態にしてください。

下屋のジャッキも上げたら元に戻してください。足場の手すりを外すなど改造は行なわないでください。

台風など強風が予想されるときはメッシュシートを畳んでください。メッシュシートを畳む対策は風に対して有効な手段になります。

弊社としても極力風に強い足場の組立に取り組んでいく次第ですが何卒お客様が被害に遭われないようにお客様自身でしっかりと管理してくださることが大切です。
別紙、チェックシートを添付します。至らない点がありましたら弊社営業へご連絡ください。

尚、メッシュシートの養生、復旧作業は有料にて行います。
20000円〜/工程

台風養生のお知らせ台風  号が接近中の為、十分にお気を付けください。
台風養生のご連絡を営業担当より順次お知らせしています。
足場に関して不具合がございましたら営業担当までご連絡ください。 
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。



台風及び強風の予想されるときは下記の対応をお願い致します。
枠組足場・足場の組立・解体などの作業やその他の作業は強風時には中止して下さい。強風時とは10分間の平均速度が10m以上の風をいいます。 (労働安全衛生規則)
・強風が予想される場合のシート類の取り外しなどの作業時には、墜落のおそれがあるので墜落防止対策を行って下さい。・台風などの接近時及び通過後には点検責任者を定めて定期的に点検を行って下さい。
・台風などの異常気象については報道等に十分注意して下さい。また、前線の通過などに伴う急激な気象変化や急速に発達した低気圧による局地的な突風への対応にも充分にご注意下さい。
・シート等の取り外し、または巻き上げる等の処置を行って下さい。
・壁つなぎ等を補強する処置を行って下さい。特に枠組の上部や左右の端部に設けた壁つなぎに対して十分な補強を行って下さい。
・建築物より突出している足場に対して控え索や控え材等で補強を行って下さい。
・足場上の資材の固縛または撤去する処置を行って下さい。



アルミ朝顔・朝顔を起こしてフレームをロープで建枠に固定し、FRP製バンノー板を全て取り外して下さい。または朝顔を解体して、FRP製バンノー板を全て取り外して下さい。



ネット・シート類
・台風や強風(風速15m/sec.以上)が予想されるときは、ネット・シートを取り外すか、片側を外し横にたぐり寄せメッシュシートがはためかないように固定してください。
・強風、大雨、大雪及び中震以上の地震等の後では、垂直ネット及び支持材への取付け部等の異常の 有無について、臨時に点検を実施してください。



パネルゲート・キャスターゲート類・台風などの強風の際には、全開にするかパネルを外すなど適切に対応してください。

〒465-0024愛知県名古屋市名東区本郷二丁目127番地